投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


高校野球結果

 投稿者:現場監督  投稿日:2018年 7月12日(木)22時20分8秒
  ○滋賀県大会1回戦

立命館守山 9-2 玉川
   (8回コールド)
 

震災関連記事の紹介2580

 投稿者:現場監督  投稿日:2018年 7月12日(木)22時15分59秒
  【「故郷愛媛に」募金呼びかけ 協力隊・亀岡さん活動 いちき串木野】
 https://373news.com/_news/topic.php?topicid=1&storyid=93887


【豪雨、広範囲で物流や店舗に打撃 生産への影響が長期化も】
 https://ryukyushimpo.jp/kyodo/entry-760673.html


【黒田元投手、豪雨で1千万円寄付 広島県に】
 http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/282838
 

震災関連記事の紹介2579

 投稿者:現場監督  投稿日:2018年 7月12日(木)22時09分36秒
  【豪雨死者200人、不明60人超 15府県で7千人なお避難】
 http://www.oita-press.co.jp/1002000000/2018/07/12/NP2018071201001364


【「町の将来住民で議論を」 益城町で復興考えるシンポ 建築家・内藤廣さん講演】
 https://this.kiji.is/389980080991913057?c=92619697908483575


【被災者心情に迫る 現地撮影、写真など展示】
 http://www.the-miyanichi.co.jp/chiiki/category_3/_33313.html
 

都市対抗野球出場選手(立命関係)

 投稿者:現場監督  投稿日:2018年 7月12日(木)21時30分38秒
   来たる7/13から東京ドームで行われる第89回都市対抗野球大会に、
立命館大学出身の選手・スタッフが多数出場します。
それぞれのチームでベストを尽くして優勝を目指して下さい!

<トヨタ自動車:豊田市>
73 監 督 桑原大輔
10 外野手 瀧野光太朗

<王子:春日井市>
 7 内野手 横川駿
37 内野手 日岡拓也
 4 外野手 勝田直樹

<東邦ガス:名古屋市>
88 監 督 伏見裕幸
 2 捕 手 小川寛木
 3 外野手 上内辰哉

<ホンダ鈴鹿:鈴鹿市>
27 捕 手 新田有規

<大阪ガス:大阪市>
10 外野手 古川昂樹

<日本新薬:京都市>
19 投 手 西川大地
28 外野手 福田泰平

<パナソニック:門真市>
 1 内野手 柳田一喜
 

立命館関係映像リンクページを更新しました

 投稿者:現場監督  投稿日:2018年 7月11日(水)23時20分50秒
   http://ritsumeikangenbamana.news.coocan.jp/ritsyoutube.html

 先週末に行われた岩手県校友会総会の映像リンクまで追加しました。
 どうぞご利用下さい。
 

画像BBSに写真をアップしました

 投稿者:現場監督  投稿日:2018年 7月11日(水)22時47分33秒
   校友会以外の盛岡での写真をアップしました。宜しければご覧下さい。

【PC】
 http://tootoo.to/bbs/ritsgazou/

【携帯】
 http://tootoo.to/op/mobile.cgi?n=ritsgazou  
 

震災関連記事の紹介2578

 投稿者:現場監督  投稿日:2018年 7月11日(水)22時03分24秒
  【「おうち心配」泣く子も…ため池決壊、学校浸水 児童112人が一時孤立】
 https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/430777/


【豪雨、ネットでつなぎ被災地支援 ボランティアの偏在解消へ】
 http://www.saga-s.co.jp/articles/-/244608


【西日本豪雨 本県も食品入荷滞る トラック運輸 山陰へ迂回】
 https://this.kiji.is/389275044955948129?c=174761113988793844
 

震災関連記事の紹介2577

 投稿者:現場監督  投稿日:2018年 7月11日(水)21時57分52秒
  【徳島・美波町職員が豪雨被災地で支援活動 相互協定結ぶ総社市などで】
 http://www.topics.or.jp/articles/-/72292


【伯備線豪渓―上石見間など1カ月以上運転見合わせ】
 http://www.nnn.co.jp/today/180711/20180711171.html


【西日本豪雨 高齢者被災 猛暑追い打ち 心身ケア重要】
 http://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1531272547927/index.html
 

【2018年7月11日更新】平成30年7月豪雨により被災された皆様に心からお見舞い申し上げます

 投稿者:現場監督  投稿日:2018年 7月11日(水)21時26分29秒
   https://alumni.ritsumei.jp/kouyuukai_news/20180708nishinihongouu/

 このたびの平成30年7月豪雨により、被害に遭われた皆様に心からお見舞い申し上げます。今なお避難されている皆様、復旧作業に従事されている皆様の安全と被災地の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

 本日17:00時点、校友の人的被害に関する情報は寄せられていません。

 立命館大学校友会では、被害を受けた地域の校友の皆さまの安否確認を行っています。ご自身が被害に遭われた、ご家族が被害に遭われた、また校友の被害状況をご存知の方は、下記までご連絡をお寄せいただければ幸いです。

【立命館大学校友会事務局】
 フリーダイヤル 0120-252-094
 フリーFAX  0120-252-095
 E‐MAIL   alumni@st.ritsumei.ac.jp
 

平成30年度立命館大学岩手県校友会総会が開催されました!

 投稿者:現場監督  投稿日:2018年 7月11日(水)21時25分38秒
    https://alumni.ritsumei.jp/kouyuukai_news/%e5%b9%b3%e6%88%9030%e5%b9%b4%e5%ba%a6%e7%ab%8b%e5%91%bd%e9%a4%a8%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e5%b2%a9%e6%89%8b%e7%9c%8c%e6%a0%a1%e5%8f%8b%e4%bc%9a%e7%b7%8f%e4%bc%9a%e3%81%8c%e9%96%8b%e5%82%ac%e3%81%95%e3%82%8c/

 2018年7月7日(土)15時よりホテルニューカリーナ(盛岡市)において『平成30年度立命館大学岩手県校友会総会』が開催された。学園代表の志方弘樹常務理事、校友会代表の小野守通副会長(’69営)をはじめ、東日本大震災復興支援特別委員会より今中智幸委員など総勢28名の校友及び学園・大学関係者が出席した。

 総会は、酒井博忠事務局長(’75文)の進行のもと、大橋謙一副会長(’71産社)の挨拶で開会した。続いて菊池宏会長(’65文)より、「来年開催する「オール立命館校友大会2018in仙台」に向けて、岩手県校友会全体で一体感を持って盛り上がっていきましょう」との呼びかけが行われた。また、岩手県校友会では既に目標人数に達する参加申込がある旨が紹介され、さらなる参加を期待したいと述べられた。

 その後、学園を代表して志方常務理事が挨拶に立ち、まずはじめに「大阪北部地震」および「平成30年7月豪雨」による大学の被害状況、対応について報告が行われた。続いて、岩手県の状況も踏まえられた上で、入学志願者数の増加、就職実績の好況について紹介がされた後、各キャンパスの整備状況、学園のグローバル化に向けた取り組み、食マネジメント学部の開設などR2020学園中期計画に基づいた近況が報告された。最後に、校友会未来人財育成基金をはじめとした日頃の支援に対する謝辞と総会開催に関わる祝辞が述べられた。
 次に校友会本部を代表して小野副会長が挨拶に立ち、校友大会へ向けた更なる参加の呼び掛け、校友会未来人財育成基金への協力の呼び掛けが行われた。校友大会の成功へ向けては、2012年の新潟での全国校友大会での成功体験が紹介され、「家族も含め校友。ご家族も巻き込んで、ぜひ参加目標人数を達成し成功に導いて欲しい」と力強く呼び掛けられた。
 最後に、校友会事務局の古澤より、立命館大学と大船渡市との包括連携協定をもとに様々なプログラムにおいて学生の成長の機会が与えられていることに関するお礼が述べられ、合せて校友大会に関して「仙台杜の都駅伝 応援企画」をはじめ特にオススメの内容の紹介がされた。

 その後、酒井事務局長の司会のもと菊池会長を議長として議事に入り、平成29年度活動報告及び収支決算、監査報告、平成30年度活動計画及び収支予算(案)が審議され、全議案すべて拍手をもって承認された。その後、会場を移り、参加者全員で写真撮影を行い、懇親会へと移行した。

 引き続き酒井事務局長の司会進行で、多田和由顧問(’59文)の挨拶、高らかな乾杯の発声で懇親会がスタートした。各所に歓談の輪が広がるなか、途中、今回初参加、久しぶりの参加となった校友によるスピーチが行われ、盛岡市内在勤の新卒校友に対しては特に暖かな歓迎の拍手が贈られた。

 会も終盤に近づいた頃、岩手県校友会総会の名物「酒井事務局長との正直者が得するじゃんけん大会」が行われ、会場は大いに盛り上がった。勝利者がお菓子や立命館グッズ、八重山限定販売泡盛「請福」などの賞品を次々獲得するなか、拍手と歓声が沸きあがった。

 最後は、全員で応援歌を斉唱し、盛況のなか中締めとなり二次会へと続いた。
 

/2222