投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


平成30年度 鹿児島県校友会「校友の集い」が開催されました!

 投稿者:現場監督  投稿日:2018年11月 7日(水)20時46分25秒
   https://alumni.ritsumei.jp/kouyuukai_news/1103_kagoshima/

 11月3日(土)、鹿児島東急REIホテルにて、鹿児島県校友会校友の集いが開催され、来賓・校友あわせて67名が参加した。当日は、市内で「西郷どん」の鈴木亮平氏も参加し「おはら祭」も開催されており、市内は大変な賑わいを見せていた。

 総会は、NHK鹿児島放送局アナウンサー・有田雅明氏('99政策)の司会進行により幕を開けた。校歌斉唱の後、前迫栄二郎会長('77経営)は、「今日は、おはら祭があって参加できない仲間もいますが、関・関・同の校友会の皆様にもお越しいただくことができた。未来人財育成基金も2020年までに目標を達成できるよう更なるご協力をお願いしたい。本日は、ゆっくりと楽しんでお帰りいただきたい」と挨拶された。

 来賓紹介に続き、大学を代表して上田寛立命館専務理事、校友会代表の林幸雄校友会本部副会長による来賓挨拶が行われた。議事では、前迫会長を議長に選出し、活動報告、会計報告、監査報告がおこなわれ、その中で、渡博文先輩(’58 法)から県校友会活動のために多額のご寄付があった事が報告された。
 その後、福元寅典顧問・校友会本部副会長('72経済)が「校友会未来人財育成基金」の鹿児島県校友会の実績・目標を示され、全国トップレベルの継続寄付実績の報告とともに更なる協力について力強く呼びかけた。

 続いての講演会は、福元顧問を講師に迎え、「未来へのバトンタッチ=平成から学ぶ」という演題で講演が行われた。福元顧問は、新聞社で勤務された様々な経験や知見から平成30年を振り返られ、①(政治に)グランドデザインがない、②(地震・水害など)自然災害(が多かった)、③真のリーダーの不在、との考えからこれから日本はどこに向かうのかをユーモアを交え、熱く語られ、参加者一同に感銘を与えた。

 休憩の後、懇親会となり、来賓紹介の後、平田純一立命館アジア太平洋大学理事補佐、田中康雄研究部担当部長、前田秀敏学校法人東明館学園法人事務局長の挨拶があった。続いて、福元顧問の乾杯の発声で懇親会がスタートした。懇親会では、関・関・同の校友会代表、父母教育後援会委員の方、北九州・岐阜の校友会代表の紹介とともに今回初参加の校友の紹介も行なわれ、会場は、大きな拍手に包まれた。続いて、恒例となった「立命館 常識?非常識?クイズ」が行われ、前迫会長の軽妙な司会と栫井昭広事務局長(’78 産社)が考えられた難問(?)に大いに盛り上がった。

  このあと、これまた恒例となった木下まどか氏('99産社)によるベリーダンスが披露され、プロフェッショナルのダンスに圧倒されるとともに、前迫会長はじめ参加者を巻き込んだダンスに会場は大いに沸いた。また、おたのしみ抽選会では、たくさんの焼酎が景品として出され、多くの参加者がこれを引き当て、テーブルでは大きな歓声があがった。宴もたけなわとなったところで、初参加の応援団OBの井戸鎮氏(’88 法)の素晴らしいリードで応援歌を斉唱した後、関・関・同の校友会代表にエールを送り、来年の再開を誓い、お開きとなった。
 

平成30年度 山口地区校友会総会・懇親会を開催!

 投稿者:現場監督  投稿日:2018年11月 7日(水)20時44分12秒
   https://alumni.ritsumei.jp/kouyuukai_news/%e5%b9%b3%e6%88%9030%e5%b9%b4%e5%ba%a6-%e5%b1%b1%e5%8f%a3%e5%9c%b0%e5%8c%ba%e6%a0%a1%e5%8f%8b%e4%bc%9a%e7%b7%8f%e4%bc%9a%e3%83%bb%e6%87%87%e8%a6%aa%e4%bc%9a%e3%82%92%e9%96%8b%e5%82%ac%ef%bc%81/

 11月2日(金)18時より、山口市湯田温泉「ユウベルホテル松政」にて平成30年度山口地区校友会総会・懇親会が開催された。近隣県からの来賓を含む62名が出席した。

 総会は、萬治香月氏の司会により開始された。はじめに、清弘和毅会長('68経済)が挨拶に立ち、10月20日に仙台で開催された「オール立命館校友大会2018in仙台」への参加報告があり、山口県の各地区校友会からも代表が参加し、大会が1000名を超える大盛況のもとに開催されたことが報告された。次に校友会活動の近況として、下関地区での校友会総会の再開にふれ、山口県一体となって活動が活性化していることが紹介された。そして、大学淘汰の厳しい時代に入る中、発展を続ける大学を応援していくため、末川先生の出身地としても未来人財育成基金の取り組みをさらに前進させていくことについて力強い抱負が語られ、協力の呼びかけが行われた。

 続いて、松原豊彦立命館副総長の来賓挨拶、来賓紹介の後、文学部3回生金田拓真さんから校友会未来人財育成基金奨学生の活動発表が行われた。活動内容とともに自らの大学入学の契機と、基金による支援によって目標に向かって充実した学生生活を過ごせていること、後を追いかけて大学に入学し、同じく奨学生となっている地元の後輩ができたことなどについて生き生きと語るたくましい後輩の姿に参加者は目を見張っていた。

 学生の発表の後、議事に入り、大田正之事務局長('80経済)より一年間の事業報告および会計報告が行なわれ、拍手をもって承認された。

 懇親会は、来賓を代表して飛鳥井雅和立命館大学校友会顧問('64法)の挨拶と乾杯で始まった。懇親会では飛び入り参加歓迎の校友による事業アピール、若手会員の紹介が行なわれた。また、恒例となった、女性部プレゼンツ「未来人財育成100円ジャンケン大会」が行われ、優勝者となった東章氏('61法)前山口地区校友会長より未来人財育成基金に寄付され、会場はおおいに沸いた。また、大抽選会では、「オール立命館校友大会2018in仙台」のお土産として、東北の地酒やお米、大会オリジナルグラス、仙台牛タンやずんだのお菓子などが登場し、さらに盛り上がっていった。

 最後は全員で円陣を組み、金子勲常任幹事('65法)のリードの元に校歌・応援歌・寮歌を斉唱し、江本郁夫宇部小野田校友会会長('79理工)の中締めと記念撮影もってお開きとなった。
 

震災関連記事の紹介2759

 投稿者:現場監督  投稿日:2018年11月 6日(火)23時37分36秒
  【松島の防災マップ10年ぶり刷新 最大規模の津波想定 観光客向けも初作製】
 https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201811/20181106_11017.html


【大船渡「漁火」デザイン公募 12月から7カ所で点灯】
 https://www.iwate-np.co.jp/article/2018/11/6/27901


【「復興財源」確保に道筋 21年度以降、内堀知事が国に要請へ】
 http://www.minyu-net.com/news/news/FM20181106-322703.php
 

Re: アメフトの下馬評ってどうなんでしょうか?

 投稿者:現場監督  投稿日:2018年11月 6日(火)23時27分23秒
  > 立命スポーツ 大好き人間。さん

 お尋ねの件、グレーターズFBページでも話題になっていますが、正直分かりません(^^)
 実際の試合を観てみないと何とも言えないです。
 可能であれば「両方」観戦をお願い致します。
 

震災関連記事の紹介2758

 投稿者:現場監督  投稿日:2018年11月 5日(月)23時48分41秒
  【<津波防災の日>備えと避難経路しっかり確認 仙台市、48ヵ所で訓練】
 https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201811/20181105_11052.html


【待望、震災後初の産業まつり 大槌、にぎわい再び】
 https://www.iwate-np.co.jp/article/2018/11/5/27778


【「東北絆まつり」19年開催は福島市 2日間・来場30万人目標】
 http://www.minyu-net.com/news/news/FM20181103-322005.php
 

問われる受け入れ態勢 留学生に選ばれる国へ

 投稿者:現場監督  投稿日:2018年11月 5日(月)22時20分19秒
   https://www.nikkei.com/article/DGKKZO37290050S8A101C1CK8000/

 立命館アジア太平洋大学(APU)の伊藤健志学長室課長は、人手不足対策から留学生のアルバイト時間の制限を緩和する議論に異論を唱え、日本が世界の留学生に選ばれる国になるための条件整備の必要性を訴える。
 

アメフット秋リーグ戦シーズンの天王山に向かいます

 投稿者:現場監督  投稿日:2018年11月 5日(月)21時58分34秒
  パンサーズ私設応援団「グレーターズ」FBページでは、パンサーズや応援団を始めとした様々な情報を随時アップしています。
どうぞアクセスの程、宜しくお願い致します。

 https://www.facebook.com/panthers.greaters/      
 

アメフトの下馬評ってどうなんでしょうか?

 投稿者:立命スポーツ 大好き人間。  投稿日:2018年11月 5日(月)21時34分35秒
編集済
  私は 岡山住まいなので  リーグ最終戦と決定戦両方は観戦厳しいので 今年は 決定戦に行くことにしました。 なんとなく古橋さんに期待して 甲子園に行けそうな感じしています。 少なくとも 決定戦で昨年のような惨めな戦いはないと 予想しました。   結構 負け試合の後 日曜日に岡山まで帰るの辛いものあります。  

震災関連記事の紹介2757

 投稿者:現場監督  投稿日:2018年11月 4日(日)23時39分39秒
  【復興の希望、厚真に広がれ 災害FM局メインパーソナリティー村上さん】
 https://www.hokkaido-np.co.jp/article/244752


【仮設住宅への引っ越し本格化 胆振東部地震被災3町】
 https://www.hokkaido-np.co.jp/article/244735


【いすゞ、地震で特損13億円計上 9月中間、売上高は過去最高】
 https://www.hokkaido-np.co.jp/article/244535
 

震災関連記事の紹介2756

 投稿者:現場監督  投稿日:2018年11月 4日(日)23時31分44秒
  【新鮮野菜はいかが 女川に毎月お届け 涌谷・産直の会、要望に応え】
 https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201811/20181104_12046.html


【海と山の幸、味品定め 陸前高田、4日まで産業まつり】
 https://www.iwate-np.co.jp/article/2018/11/4/27664


【「ふくしま植樹祭」4日開幕 市川海老蔵さんらと南相馬で植樹】
 http://www.minyu-net.com/news/news/FM20181103-322041.php
 

/2321