投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


震災関連記事の紹介2767

 投稿者:現場監督  投稿日:2018年11月14日(水)23時13分46秒
  【「弱虫ペダル」被災地走る 「ツール・ド・東北」とコラボポスター 主催者コース6市町に贈る】
 https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201811/20181114_13033.html


【期待の三鉄新車両到着 山田線一部移管へ準備着々】
 https://www.iwate-np.co.jp/article/2018/11/14/28564


【福島・大熊の一部、19年5月にも避難指示解除 第1原発立地町で初】
 http://www.minyu-net.com/news/sinsai/news/FM20181114-325109.php
 

明治神宮野球大会6日目結果

 投稿者:現場監督  投稿日:2018年11月14日(水)19時38分19秒
  立正大学 6-4 環太平洋大学

*立正大学は9年ぶり2度目の優勝
 

震災関連記事の紹介2766

 投稿者:現場監督  投稿日:2018年11月13日(火)23時14分17秒
  【<3.11メモリアルネットワーク>被災伝承へ会合 石巻が事務局継続】
 https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201811/20181113_13033.html


【待ってた「劇場公演」復活 釜石、新ホールで初の市民劇】
 https://www.iwate-np.co.jp/article/2018/11/13/28486


【東北初上陸!陸上自衛隊「水陸両用車」 南相馬で大規模災害訓練】
 http://www.minyu-net.com/news/news/FM20181113-324763.php
 

2018年度 九州・沖縄ブロック会議が開催されました!

 投稿者:現場監督  投稿日:2018年11月13日(火)22時44分55秒
   https://alumni.ritsumei.jp/kouyuukai_news/kyusyuokinawabrockkaigi/

 2018年11月10日(土)、佐賀県 四季彩ホテルにて、2018年度 九州・沖縄ブロック会議が開催された。
各県の校友会(福岡県校友会、北九州県校友会、佐賀県校友会、長崎県校友会、熊本県校友会、大分県校友会、宮崎県校友会、鹿児島県校友会、沖縄県校友会)の代表者、校友会本部からは村上健治会長・福元寅典副会長・林幸雄副会長・初村雅敬校友会未来人財育成基金募集推進特別委員会副委員長・事務局の計31名が参集した。
 会議は、白武悟佐賀県校友会会長、村上健治会長、林幸雄副会長の挨拶で始まり、校友会未来人財育成基金(RFS)を今後も広く募集していくための施策や各校友会における若手・女性校友の参加促進に向けて活発な意見交換が行われた。
 また、校友会未来人財育成奨学金を利用してベトナムに留学された学生による成果発表があり、校友会未来人財育成奨学金(RFS)の意義について改めて認識する機会となった。

 最後に福元寅典副会長による挨拶があり、閉会となった。
 

平成30年度 鳥取県東部校友会総会が開催されました!

 投稿者:現場監督  投稿日:2018年11月13日(火)22時25分16秒
   https://alumni.ritsumei.jp/kouyuukai_news/tottoritobusokai/

 11月9日(金)午後6時30分から、ホテルモナークにおいて、平成30年度鳥取県東部校友会総会が開催された。(参加者55名)

 まずは、小林真司幹事(85年卒・法)の司会進行の下、第一部の年次総会が開催された。初めに参加者全員で校歌を斉唱し、更に、物故者への黙祷がささげられた。その後、来賓の紹介に続き、谷口博繁会長(73年卒・文)が開会の挨拶を述べられ、若手校友の参加促進とともに今後の更なる会の発展に向けての決意と、会員への協力が呼びかけられた。引き続き、大学代表として、上田寛専務理事より、11月4日に実施された総長候補者選挙人会の結果、情報理工学部・仲谷善雄教授(学校法人立命館副総長)が次期総長として選出されたこと、またこの間の立命館大学の新学部設置の取組みや1988年国際関係学部の設置以降での立命館学園のグローバル化に向けた取組み等の紹介と共に、それらを踏まえて、少子化が進む状況下にあって「社会から選ばれる大学」になることを目指す旨の挨拶があった。さらに来賓の飛鳥井雅和立命館大学校友会顧問から、母校の発展に寄与し現役学生の支援をする校友会の役割と、各地域の校友会において“元気に、明るく、楽しく”校友同士が親睦を深めることの重要性について話され、未来人財育成基金への協力を呼びかけられた。

 来賓挨拶に続き、竹内秀徳氏(85年卒・産社)より、平成29年度決算報告および監査報告があり、拍手で承認された。併せて西垣豪副会長(71年卒・経営)より、未来人財育成基金へのより一層の協力要請があり、第一部を終了した。その後、参加者全員で記念撮影をおこない、第二部の懇親会へと移行した。

 第二部として開催された懇親会の司会は、山本登氏(83年卒・法)が務められ、岩室明理氏(2003年卒・産社)・二村真広氏(2013年卒・法)が乾杯の音頭をとられてスタート。KOKO歌謡楽団によるジャズ演奏&歌や、恒例の大ビンゴゲームなど、和やかに進行し、校友の皆さんが大いに交流を深めた。会も終盤に近づき、次年度に幹事を担当する経済学部と経営学部のすべての校友が登壇し、代表して吉田和徳氏(80年卒・経営)より次年度の開催に向けての決意表明があった。さらに、壇上に村田浩一幹事(2008年卒・法)があがり、掛け声とともに全員で肩を組んで応援歌「グレーター立命」を大合唱した。

 その後、最後に西垣豪副会長(93年卒・経済)の音頭で万歳三唱をおこない、中締めとなった。なお、校友会本部事務局として、三ツ野直樹(学生部次長)が出席した。
 

平成30年度 立命館大学佐賀県校友会総会・懇親会が開催されました!

 投稿者:現場監督  投稿日:2018年11月13日(火)22時23分28秒
   https://alumni.ritsumei.jp/kouyuukai_news/20181110sagakensoukai/

 11月10日(土)17時30分より、佐賀県四季彩ホテルにおいて、「平成30年度 立命館大学佐賀県校友会 総会」が開催され、来賓・校友あわせて60名が参加した。
 総会は、増田定次事務局長('75経済)の司会により進められ、最初に亡くなられた校友への黙祷が行われた後、山下明子氏('84法)のリードにより全員で校歌を斉唱しスタートとなった。

 はじめに白武悟会長('68経済)より挨拶があり、続いて川口清史前総長と村上健治校友会会長が来賓祝辞を述べられた。来賓紹介、祝電披露の後、校友会未来人財育成奨学金を利用してベトナムに短期留学された学生による成果発表が行われた。成果発表では、留学時に実施したアンケート調査の発表や、今回の留学が自信に繋がり、帰国後に留学生のサポートを行うボランティア活動を行った話などが語られ、会場からは大きな拍手が送られた。

その後、佐賀県校友会の会計報告、監査報告があり、参加者の承認を得た後、会長交代式が実施された。会長交代式では村上健治校友会会長から白武悟佐賀県校友会会長に感謝状が送られた。なお、新会長として横尾徹氏('72経営)が着任されることとなった。

 懇親会のスタートは、清水達也氏('54理工)のご発声による乾杯で開宴となった。会場では老若男女を問わず交流がおこなわれ、途中、総会初参加のフレッシュな3名の校友の自己紹介があった。新しく参加した交友の頼もしい挨拶に、会場は大いに盛り上がった。

 宴もたけなわとなったところで、全員で応援歌の合唱、万歳三唱、集合写真の撮影を行い、会はおひらきとなった。

 
 

明治神宮野球大会5日目結果

 投稿者:現場監督  投稿日:2018年11月13日(火)21時09分20秒
  立正大学 12-1 関西国際大学
   (6回コールド)
環太平洋大学 7x-0 近畿大学
     (8回コールド)
 

震災関連記事の紹介2765

 投稿者:現場監督  投稿日:2018年11月12日(月)22時02分39秒
  【「お変わりないですか」被災者集団移転先で戸別訪問 高齢者孤立防止へ】
 https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201811/20181111_13039.html


【「最大クラス津波」想定防災計画、策定進まず 県内市町村】
 https://www.iwate-np.co.jp/article/2018/11/12/28351


【7年8カ月ぶり幼年消防クラブ再開 いわきの豊間保育園】
 http://www.minyu-net.com/news/sinsai/news/FM20181112-324439.php
 

第35回北摂校友会総会が開催されました!

 投稿者:現場監督  投稿日:2018年11月12日(月)21時58分32秒
   https://alumni.ritsumei.jp/kouyuukai_news/%e7%ac%ac35%e5%9b%9e%e5%8c%97%e6%91%82%e6%a0%a1%e5%8f%8b%e4%bc%9a%e7%b7%8f%e4%bc%9a%e3%81%8c%e9%96%8b%e5%82%ac%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f%ef%bc%81/

 2018年11月10日(土)17時00分より、「平成30年度(第35回)北摂校友会総会」が大阪府豊中市にある千里阪急ホテルにおいて、盛大に開催された。大学からは大阪いばらきキャンパス地域連携室池田伸('82経済)室長などの来賓を含め、約52名の校友および学園関係者が出席した。
                                            総会は、植田洋子氏('65文)の司会で幕を開け、最初に、北摂校友会湯川正之会長('67文)より開会挨拶があった。湯川会長は校友会および大学からの来賓へ感謝の意を表明するとともに、「北摂校友会は地域の校友会として、既に35年の歴史を歩んできた。今後とも地域の会として地元で親しく、楽しく集まっていただき、交流活動を深めたい」と表明した。続いて、来賓を代表して大阪校友会の柴田晃('65経営)副会長及び中田真理子('05経営)副会長がそれそれ登壇して挨拶した。その後、大学を代表して大阪いばらきキャンパス地域連携室池田室長より、総会開催のお祝いとともに、学園の近況なども報告した。続いて、重松英樹幹事長('74経営)より会務報告などが行なわれ、総会を終えた。                                                第二部の公演では、特定非営利活動法人京都歴史地理同好会理事長を勤めていた中村武生氏による「大政奉還は二条城で行われたの虚構」をテーマとする講演会が開催された。

 続いての懇親会は、引続き植田洋子氏が司会を務め、最初に全員で校歌を斉唱し、大阪校友会の古角博子('00法)副幹事長の発声で開宴となった。各テーブルでは、近況報告などで会話が弾み親交が深められていく中、立命館大学応援団による応援歌が披露され、会場の雰囲気はさらに高まった。中盤では司会者の植田氏のリードによる各校友の自己PRおよび紹介が行われ、和んだ空気の中、年配から若手まで、それぞれのテーブルで話の輪が広がった。あっという間に懇親会は終盤に迎え、山口昭顧問('61経済)の閉会挨拶で幕を閉じた。
 

学園祭 衣笠祭典にて校友会が出店

 投稿者:現場監督  投稿日:2018年11月12日(月)21時55分11秒
    https://alumni.ritsumei.jp/kouyuukai_news/20181111gakuensaimogiten/

 2018年11月11日(土)、衣笠キャンパスにて、学園祭が開催され、立命館大学校友会(以下、校友会)として模擬店を出店した。

 最近は3キャンパスで学園祭が開催され、今年の日程は10/14(日)に大阪いばらきキャンパス、11/11(日)に衣笠キャンパス、11/26(日)にびわこ・くさつキャンパスとなっている。
 校友会の課題の一つである「在学生とのつながりづくり」を前進させるため、校友会の認知度向上と母校後輩支援推進を目的に、昨年、校友会として初めて学園祭へ出店し、今年も校友の職員有志により豚汁の模擬店を出店した。開店から多くの学生・校友などが訪れ、昨年を上回る売上で完売となった。売上は全額、校友会未来人財育成基金へ寄付した。
 

/2321