teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:94/1587 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

2つの美術展

 投稿者:旦那フクロウ  投稿日:2017年 3月 6日(月)11時23分55秒
  通報 返信・引用
  先々週の金曜日は政府奨励のプレミアムフライデーでしたね。私の勤め先も一応はサポートするとのことで業務に支障なければ15:00で帰って良いとのこと。でも、そう簡単に帰れるわけでもなく結局定時まで仕事をしてその後渋谷Bunkamuraの川鍋暁斎展を訪れました。ゴールドマンコレクションからの出品なので初めて見る画が多く楽しめました。前日が初日とあってまだ訪れる人も少なく、ゆっくり鑑賞できたのが何よりです。暁斎は器用な画家で優雅な強風、水墨画、浮世絵、風刺画と様々でどれもが上手い。特に鳥獣戯画に習った動物の画はユーモアに満ちて面白かったです。渋谷は相変わらず喧騒の街ですが、ふらっと入ったビストロが美味しく満ち足りて帰途に着きました。

もう一つの美術展は六本木にあるサントリー美術館のコレクターの眼展。友人がこの美術館の会員で同行者が無料になる特典を利用。二人のコレクターの収集品はそれぞれ、ヨーロッパ陶磁器とガラス器という違いがありますが、その審美眼に合う作品を収集していたようです。特にガラスの破片を集めたものがはっとするほど美しかったです。小さな破片から今は無くなった器がどのようなものだったかを想像するのは楽しいです。しかし、コレクターって皆男の人ですね。この美術展は全て撮影が許可されていました(フラッシュは不可)。
 
 
》記事一覧表示

新着順:94/1587 《前のページ | 次のページ》
/1587