teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:85/1564 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

オーディオ故障の顛末

 投稿者:旦那フクロウ  投稿日:2016年12月 1日(木)21時21分41秒
  通報 返信・引用
  EsotericのCDプレーヤーが修理からもどりましたが、先日新しく買ったばかりのCDディスクをかけるとパラゴンの左スピーカーからガリガリというノイズが聞こえます。CDに傷があるのかとも思ったのですがサブシステムでかけると聞こえない。これはEsotericにまだ不具合があるのかと修理をお願いしたオーディオユニオンに連絡して来てもらうことにしました。その前日に今度は左スピーカーから完全に音が出なくなってしまい、パワーアンプのメーターの針も動かない。パワーアンプが壊れたのかと思いどうしたものかと思いました。かなりあわてていたのですね、関西の毒ブラウンさんにも電話して相談しました。毒さんからはまずは故障の原因をつきとめることから始めるとの冷静なアドバイスでした。コードの接点を磨くことで解決するここもあるとか。今日オーディオユニオンのスタッフの方か来て調べてくれました。結局EsotericからMcIntoshのプリアンプへの結線のゆるみが原因でした。地震とか何らかの原因でプラグがきっちり入っていなかったようです。判明すると何とも気がぬけるような原因でした。最悪な場合はアンプの修理あるいは買い替えもあるのかと想定したので、問題が解決してほっとしました。毒さん、お騒がせしました。フクロウさんがいれば直ぐ対応するでしょうけれど、素人の私には今回のような事態になると正直途方に暮れます。我が家の複雑なシステムを維持するのにも限界があるのかもしれません。毒さんにも言われましたが、マルチでなくてパラゴン本体だけのシンプルなシステム構築も今後の選択肢だと思いました。

写真は伊万里で咲いていた皇帝ダリア。巨大な花で蜜があるのか蜂がたくさん寄ってきていました。伊万里の窯元が並ぶ通りと橋。欄干は伊万里焼です。
 
 
》記事一覧表示

新着順:85/1564 《前のページ | 次のページ》
/1564