teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:126/1564 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

文化・教養講座は楽しい!

 投稿者:旦那フクロウ  投稿日:2016年 3月12日(土)18時18分4秒
  通報 返信・引用
  皆様、今晩は

朝、ウグイスやコジュケイの声に目覚めるようになりました。春なのですね。

今日は申し込んでおいた文化・教養講座に出席しました。毎月1回、8講座で場所はわが家から9km車で25分ぐらいのところにある学園です。イタリアの都市と文化を学ぶということですが、学園の教授である講師の方は専門がイタリア音楽のナポリ派(スカルラッティやドニゼッティなど)だそうで今回はオペラ発祥であるモンテベルディからビバルディ、モーツアルトを経てベルディまでをレクチャーしてくれるそうです。講座終了後はイタリアへのツアーもあるそうです。正直それほど期待していなかったのですが、思いのほか面白かったです。興味深い逸話やオペラのビデオやCDも聞かせてくれて2時間の授業は充実していました。楽譜が現存する最古のオペラであるモンテベルディの「オフェリオ」のビデオの冒頭を見せてくれましたが、先日亡くなったニコラス・アーノンクールの若かりし時の指揮を映像で見ることができて感慨深いものがありました。

この講座は千葉市の市民サポート施策で知ったのですが、受講している人には男性が意外にも多くちょっと驚きました。こういう知識欲は男性のほうが強いのでしょうか。ツアーの説明もありましたが、オペラ鑑賞も組み込まれています。今年は日伊国交150周年なので便宜が図れるのか普段は入れない場所なども含むようです。私はベルディが晩年私財を投げ打って設立した音楽家の老人ホーム「音楽家の憩いの家」を見学できると聞いて俄然興味がわきました。このホームは寄付で成り立っていてミラノのベルディ音楽院の学生がボランティアでヘルプしているそうです。世界で活躍した音楽家たちに直に接することができるとあって希望者が多いとのこと。

これから毎月の講座が楽しみです。

写真は学園のエントランス風景。新しく気持ちよい施設です。
 
 
》記事一覧表示

新着順:126/1564 《前のページ | 次のページ》
/1564