teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:137/1564 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

晩秋の箱根へ日帰りで訪れました。

 投稿者:旦那フクロウ  投稿日:2015年11月24日(火)10時27分58秒
  通報 返信・引用
  今年最後の3連休の中日に箱根に日帰りで行ってきました。今年は本阿弥光悦まで遡ること400年の節目の年だとかであちこちで琳派の美術展が開催されています。箱根小涌谷の岡田美術館も来年3月まで所蔵品を展示しています。今回訪れたのはそのパートIの光悦・宗達・光琳・乾山までの作品。桃山時代から江戸前期ですね。金・銀を使った豪華な屏風や色紙、器など見ごたえがあります。私が好きな酒井抱一や鈴木基一の作品は来月中からはじまるパートIIで展示するようです。この美術館は入館料が高いこともあり混んでいないところが好きです。特別展だけでなく常設所蔵の焼き物などゆっくり鑑賞できます。広いので出来れば途中で休めるカフェやレストランがあるとよいのですが今のところは庭にある茶室でのお弁当と外の足湯でのコーヒーぐらい。これから寒くなると足湯もちょっとね。前回と違ったのはミュージアムグッズを売る店が出来ていました。

箱根は噴火警戒レベルが引き下げられ、3連休もあって観光客が混雑していました。ロマンスカー、登山電車、バスなどはどれも満員、道路の渋滞も激しかった。東京のラッシュなみの登山電車で湯本まで下り、小田原で蒲鉾を買い美味しいお寿司を堪能して帰宅しました。

写真は湯本の蕎麦屋、蔦の紅葉。岡田美術館は小涌谷の箱根駅伝のコース沿いにあります。
 
 
》記事一覧表示

新着順:137/1564 《前のページ | 次のページ》
/1564