投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


Re: 桂塩鯛師匠

 投稿者:現場監督  投稿日:2017年 6月26日(月)23時53分5秒
  > RITSNEWSさん

 いつも貴重な情報、ありがとうございます。
 「そこまで言って委員会」は関東では放送されていないので、見る事が出来ず残念です。
 放送地域に行った時には是非見たいと思います。
 

投票期間はあと7日です

 投稿者:現場監督  投稿日:2017年 6月26日(月)23時51分5秒
   パンサーズファンのミスキャンパス立命館エントリーNo.9・黒田詩織さんへの投票をお願い致します。

<投票はこちら>
 misscolle.com/rits2017/vote

 *6/19(月)21:00~7/2(日)23:59の期間中、1日1回投票することができます。
  7/7にOICでセミファイナルが行われます。
 

震災関連記事の紹介2008

 投稿者:現場監督  投稿日:2017年 6月26日(月)23時42分38秒
  【プレハブ仮設再利用進まず 経費負担が重荷】
 http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170626_13005.html


【東北3県の団員募集 坂本龍一さん率いるユースオケ】
 http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20170626_9


【全国の「奇跡のあじさい」植樹 震災から再建、須賀川・藤沼湖】
 http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170626-183199.php
 

震災関連記事の紹介2007

 投稿者:現場監督  投稿日:2017年 6月26日(月)23時39分42秒
  【地域再建の歩み、雑誌に 高森町の澤田さん出版】
 https://this.kiji.is/251895095985881097?c=92619697908483575


【「味噌天神」の大鳥居再建 熊本市、地震で倒壊】
 https://www.nishinippon.co.jp/nnp/kumamoto/article/337960/


【観光ルート開拓、誘致後押しと歓迎の声 】
 http://www.oita-press.co.jp/1002000000/2017/06/26/KA20170619DH1170200010
 

立命館大学滋賀県校友会が総会を開催!

 投稿者:現場監督  投稿日:2017年 6月26日(月)21時13分49秒
   http://alumni.ritsumei.jp/kouyuukai_news/%e7%ab%8b%e5%91%bd%e9%a4%a8%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e6%bb%8b%e8%b3%80%e7%9c%8c%e6%a0%a1%e5%8f%8b%e4%bc%9a%e3%81%8c%e7%b7%8f%e4%bc%9a%e3%82%92%e9%96%8b%e5%82%ac%ef%bc%81-2/

 6月24日(土)15時からびわ湖大津プリンスホテルにおいて、立命館大学滋賀県校友会が総会を開催した。

 第一部の総会は、嶋﨑良伸事務局長(90年経)が司会進行した。冒頭に辻淳夫会長(66年経)より挨拶があり、先般、立命館大学校友会の副会長に就任した、滋賀県校友会副会長で滋賀銀行頭取の高橋祥二郎氏(79年経)を紹介し、今年4年ぶりに京都で開催される校友大会への参加をはじめとして、校友会未来人財育成基金への協力の呼びかけがあった。続いて来賓紹介が行われ、市川正人・立命館副総長が学園を代表して挨拶を行った。市川副総長は、滋賀県校友会の方々に対し、校友会未来人財育成基金の取り組み、学生の成長のための支援について謝辞を述べられた。そして母校の近況として、学生の課外活動における活躍、「学びの立命館モデル」の確立をめざす教育の取り組みとともに、「THE世界大学ランキング日本版2017」で教育力が評価されたこと、グローバル教育の取り組み状況について紹介された。

 次に校友会本部を代表して、絈井憲副会長(69年経)が挨拶を行った。校友会設立100周年を契機に次の100年につなげていく校友会活動について特別委員会で論議していることを紹介。校友会未来人財育成基金の趣旨についての説明とともに、同基金募集へのさらなる理解と協力を求めた。続いて、岩手県校友会の大橋謙一副会長(71産社)が登壇し、復興支援ツアーに全国から参加いただいたこと、母校からの復興支援が地元メディアで他大学よりも一番多く取り上げられていることを紹介し、震災復興支援への感謝とともに、2018年に仙台で開催される全国校友大会のよびかけを行った。その後、総会議事に入る前に、議長に選出された井上利夫氏(55年法)からも校友会未来人財基金について、目標達成にむけた協力のよびかけがあり、全ての議事について拍手で承認された。

 第二部の講演会では、総合心理学部の東山篤規教授が講師を務め、「いろいろな逆さまな世界」というテーマで、クイズを交えながら会場との対話の中で講演が行われた。第三部の懇親パーティーは、冒頭にスポーツ健康科学部の海老久美子教授と会場である、びわ湖大津プリンスホテル「Lake View Dining Biona(レイクビューダイニングビオナ)」シェフの岡本賢治氏が、健康栄養学の知見を取り入れて協働で企画開発したメニューを紹介した。続いて、海老教授と2名の卒業生が製作に関わる、びわ湖放送の番組「未来レシピ」の紹介があった。その後、吉田郁雄副会長(77年経)の乾杯発声で開宴。終始和やかな交流が展開された。最後は立命館大学応援団によるリードで校歌、応援歌を斉唱。副会長の高橋氏の挨拶で中締めとなった。
 

立命館大学三重県校友会が2017年度総会を開催!

 投稿者:現場監督  投稿日:2017年 6月26日(月)21時12分44秒
   http://alumni.ritsumei.jp/kouyuukai_news/%e7%ab%8b%e5%91%bd%e9%a4%a8%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e4%b8%89%e9%87%8d%e7%9c%8c%e6%a0%a1%e5%8f%8b%e4%bc%9a%e3%81%8c2017%e5%b9%b4%e5%ba%a6%e7%b7%8f%e4%bc%9a%e3%82%92%e9%96%8b%e5%82%ac%ef%bc%81/

 6月11日(日)15時からプラザ洞津において、立命館大学三重県校友会が2017年度総会を開催した(参加者約160名)。

 第1部の総会は、八橋友香理事(95年産社)が司会進行。まず初めに、山川和俊会長(67年法)から開会挨拶が行われ、「企業内、自治体での校友の組織化に力を入れ、職域校友、リコネクトを活性化することで、組織拡大と若返りを目指していく。」と今後の三重県校友会について抱負が述べられた。続いて校友会本部を代表して林幸雄副会長が挨拶に立ち、「ニュースでロボットにより合成音声を聞いた。内容に間違いはないが違和感がある。技術はこれからもますます進化していく。そんな時代だからこそ、「ご縁」を大切にし、立命館の「ご縁」を広げて行きたい。立命館は大学の努力と学生の躍進により発展しており、誇らしい思いである。基金の支援を受けた学生の活躍が見えるようになってきたことで、未来人財育成基金もみなさんに広く認知されてきている。さらなるご理解、ご協力を賜りたい」と括った。そして山川和俊会長より、森氏市四日市市長当選の祝賀会、同志社校友とのゴルフ大会はじめ、28年度活動報告がなされた後、総会議事が全会一致で承認された。

 続いて、森島朋三・学校法人立命館専務理事が登壇し、未来人財育成基金や学生法律相談部への協力の御礼とともに、食マネジメント学部新設、世界大学ランキング上位のオーストラリア国立大学との共同学士課程の検討をはじめとした学園の近況報告が行われたた。続いて、学生の活躍として、三重県出身の東投手のノーヒットノーラン達成、2020年東京オリンピックを目指し、14競技でOB、OG60名くらいが候補となっていることが紹介された。

 第2部の記念講演会の講師は校友で四日市市長の森智広氏(01年理工)。(森市長は全国791の市町村、特別区を入れて814の中で10番目に若い市長)努力は誰にも負けないとの想いを持ち、学生時代を過ごしたことや、市議会議員に立候補、当選するまでのお話等が語られるとともに、「校友の皆さんの応援を非常に心強く思っている。元気もりもり森智広としてこれからも頑張っていきますので、今後もより一層の応援をよろしくお願いします。」と締めくくられた。

 第3部の懇親会は、奥山事務局長による懇親会開会の辞が述べられた後、渡邊駿太元応援団長(14年文)の演舞に合わせた校歌斉唱によりスタート。続いて東会長代行が開会挨拶を行い、「森四日市市長はじめ校友の活躍が目覚しい。「決意からすべてが始まる」、「チャレンジする」、「一生懸命」が大事である。若い校友は人脈を広げてもらいたい。」と述べられた。次に来賓の伊藤享司愛知県校友会会長(79年経)より、「東海全体を一緒に盛り上げていきたい」と挨拶が述べられた後、同じく来賓である奥野県議会議員の乾杯発声で開宴となった。今春卒業したフレッシュな新卒校友紹介が行われる等、世代を超え、職場を超え、活発な交流が展開された。また、懇親会中盤では恒例の大抽選会がリコネクト幹事により進められ、大盛況となった。最後は、再び渡邊元団長が登壇し、演舞に合わせて全員で応援歌を斉唱。中山良徳副会長(69年経)の挨拶と一本締めで中締めとなった。
 

昨日の金子侑司選手

 投稿者:現場監督  投稿日:2017年 6月26日(月)06時47分59秒
   https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2017/pl2017062506.html

 9番右翼手で先発出場、4打席4打数1安打でした。
 

関西大学野球5リーグ対抗オールスター戦決勝結果

 投稿者:現場監督  投稿日:2017年 6月25日(日)16時37分27秒
  関西学生野球連盟 12ー2 京滋大学野球連盟
          (8回コールド)

*関西学生野球連盟が優勝。秋の神宮大会関西地区予選のスーパーシード獲得
 

桂塩鯛師匠

 投稿者:RITSNEWS  投稿日:2017年 6月25日(日)14時28分37秒
編集済
  関西などの一部のローカル番組ですが、現在放送されてる読売テレビの「そこまで言って委員会」に、校友落語家の桂塩鯛師匠が出演されてます。

(桂塩鯛氏の師匠であられる桂ざこば氏がレギュラー出演されてる番組ですが、病気で静養中のため、代役出演だそうです)

また、この番組によく出演されてる宮家邦彦氏も、立命館大学客員教授をされています。

http://www.ytv.co.jp/iinkai/
 

東北海道校友会総会映像を追加しました

 投稿者:現場監督  投稿日:2017年 6月25日(日)05時55分28秒
   懇親会終盤、万歳三唱の前に歌われた「グレーター立命」の映像をグレーターズページに追加しました。
 どうぞご覧下さい。

 https://www.facebook.com/panthers.greaters/videos/1472251386165339/
 

/1919